転職したり、結婚したりしてたら、更新おろそかになってました…。


by spring-springer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ピエロの赤い鼻

a0025035_14231120.jpg10月15日(金)に見に行きました。

お話はと言うと、

リュシアンは、パパがピエロを演じるのを嫌っていた。教師であるパパがみんなの笑いものになるのが嫌なのだ。祭りの日、舞台でピエロを演じるジャックを不機嫌に見ているリュシアンに、ジャックのパパの親友アンドレが声をかける。「お父さんがピエロになる理由を教えよう」。それはドイツ占領下のフランスで起きた悲しい物語だった…

主役のお父さんジャックと友人の帽子屋アンドレのコンビが凸凹コンビでナイス!
ただ、この二人が、ナチス占領統治下の若き日々を演じるのはかなりツライ…。
お母さんの役のルイーズも結構キツイよー。若くないんだもの。

演技はもちろん、うまいし、見るにつれそれほど気にならなくはなるんだけど、
演技の端々に、痛いものが見え隠れするのが、ちょっとツライ…。

こんなに、感動的な映画でそんなことが気になってしまう、私ってどうかと思うんだけどね。

ピエロって、面白さと同時に、悲しさだったり、
皮肉だったりが入り混じっている存在だから、
この映画の象徴としては、ぴったり。

評価は、78点

ピエロの赤い鼻公式サイト
[PR]
by spring-springer | 2004-10-16 20:11 | 映画欲