転職したり、結婚したりしてたら、更新おろそかになってました…。


by spring-springer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

サンキュー・スモーキング

a0025035_1484854.jpg
先週の日曜日に見に行きました!

私は、タバコ大嫌い!なのですが、かなり楽しめました!
久しぶりに、映画で笑いすぎておなかが痛くなりました!

まず、主演のニック(アーロン・エッカート)がものすごく、いい!
彼はタバコは体にものすごく悪い!と百も承知で、住宅ローンのために、タバコ業界を擁護するタバコ研究アカデミーのPRマンをやっています。日々マスコミ相手に、禁煙VS.喫煙の激戦を繰り広げています。シニカルでありながら、仕事にやりがいをもってて、話術で人を制する彼は、タバコ嫌いの私でも、見ていて痛快です。

彼の話術の基本は、「自分の主張を正しいと思わせるには、自分が正しいと言い続けるのではだめだよ。相手の主張の間違っている点をつくんだ。そして、あとは、大衆を味方につければ、僕の勝ちさ。」ってことみたい。それが、情報操作の極意。

そういう、やり方を考えたことがなかったので、新しい発見でした。
私も、情報操作されないようにしないと。

彼の天敵のフィニスター上院議院(ウィリアム・H・メイシー)は、
タバコのパッケージにドクロ・マークを記載する法案成立を熱望。

そんな法案を出させないために、彼は、タバコのイメージアップ作戦!をはかり、
ブラッド・ピットとキャサリン・ゼタ・ジョーンズをSF映画で共演させて、
タバコの煙の渦巻く中のラブシーンなどを実現させるために、
ハリウッドに行きます。

しかし、タバコを毛嫌いするグループから、ニコチンパッチでの拷問を受け、
一命を取り留めます。タバコを一切すえないからだとなってしまった、ニック!

哀れな入院の様子をTVに映し出され、彼に対する同情票が集まったかのように見えたが・・・!?



トム・クルーズの婚約者、ケイティ・ホームズのお色気シーンです。と言っても、大してお色気じゃないけど、お茶目で笑えます。こんなコミカルな演技もできるのに、もう女優をやめちゃうんだとしたら、残念。もったいないかも。

あとは、「自分の息子が18歳になってタバコを吸うといったら、あなたはどうするんですか?」
との問いに対して、ニックが、「未成年なら、もちろん吸わせませんが、18歳になった彼が吸いたいのならば、タバコを買って渡し、一緒に吸うでしょう。」というシーンです。

私はタバコが嫌いだし、近くで吸われるのも真っ平ごめん!と思うタイプです。
吸ってはいけない場所で吸うのはおかしいと思うのですが、
やっぱり、最終的には、吸う、吸わないは個人の判断にすべきかなぁ。とも思いました!

とにかく面白いので、タバコ嫌いも、タバコ好きにも、ものすごくオススメ!
[PR]
by spring-springer | 2006-10-30 14:34 | 映画欲