転職したり、結婚したりしてたら、更新おろそかになってました…。


by spring-springer
カレンダー

<   2004年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

a0025035_15245615.jpg高校生のとき、「ねじまき鳥クロニクル」の1、2部を読み始めたら、
止まらなくなり、風邪を引いたことにして、学校をサボってまで読んで以来、
けっこう、村上春樹好き。

でも、今回のは、「ねじまき鳥クロニクル」の2部があまりにも、
「えっ!続きどうなるのさー!き、気になる~!」くらいに、
放り出されてしまった感じ。

現実的に、一晩夜が明けただけでは、解決できない問題はたくさんあり、
一晩で解決できるような問題と言うのは、たいした問題ではないのかもしれない。
徐々にではあるが解決の兆しを垣間見ることができたところで、満足すべきなのだろうか?

出版社: 講談社
定価:  ¥1,470 (税込)
著者:  村上春樹
評価:  ★★★★
[PR]
by spring-springer | 2004-10-29 15:33 | 読書欲

砂と霧の家

a0025035_10531924.jpg10月28日(木)に試写会に行ってきました!

お話はと言うと、美しい海と夕日が見える一軒の「家」。亡き父の形見であるその家に住むキャシーは、政府の手違いから家を失ってしまう。代わりに家を手に入れたのは、政変で祖国を追われたベラーニ元大佐一家だった。愛する妻と息子と共にもう一度幸せを掴むため、アメリカ生活の最後の希望を家に託すベラーニ。一方、孤独な生活を送るキャシーも、家族の思い出が詰まった家を取り戻そうとする。心すり減らすような争いの果てに、ようやく心通わせる彼らだったが、その先には、あまりに悲しい運命が待ちうけていた…。

暗い映画です。ラース・フォン・トリアー監督の「奇跡の海」や、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」も暗くて、重い映画ですが、重く暗いの意味が違います。

ラース監督の映画が、主人公が、予期せず世間の荒波にもまれて不幸になっていく。としたら、今回のは、どうしても、キャシー(ジェニファー・コネリー)の自業自得としか思えず、
「いい加減にしろ~。周りを巻き込むな~!」と言いたくなりました。家が欲しいのではなく、家族が欲しかったのだというのはわかるんですけどね。そんなに大切な家だったら、その前に、ぐちゃぐちゃな部屋とか掃除したりすればいいのに。行動全てが刹那的。

不幸映画って、その主人公に共感できるか否かにかかっていると思うのですが、
今回のは、全く共感できませんでした。

完全に、ネタばれになりますが、
(映画を見る予定の人は、読まないで下さいね♪)





********************************

離婚は確かにショックだけど、仕事もせず8ヶ月もフラフラするなー!
不倫をして、その相手の男を、刑務所に入れるようなことするなー!
大佐一家を3人も結果的に殺すような事するなー!


********************************

は~。ちょっと、すっきり。

評価は、このべラーニ大佐の奥さんナディ役のショーレ・アグダシュール
(左の写真の一番下の人です。)が素敵だったので、考慮して73点。
砂と霧の家 公式サイト
[PR]
by spring-springer | 2004-10-29 11:06 | 映画欲

山猫 

a0025035_10494017.jpg10月27日(水)に見に行きました!
「海猫」に続き、「山猫」です♪
妹に、「お姉ちゃん、海千山千の化猫だから? 
『猫』ってつく映画ばっかり見に行ってんの?」

と言われましたが、別にそういうわけではありません。(T_T)
海猫は鳥の名前だし、山猫は、貴族の紋章だっつーの。
別に猫、出てこないよ!

お話はと言うと、一戦争に揺れるイタリア。そこに暮らす山猫の紋章の名門貴族のサリーナ公爵(バート・ランカスター)。新時代の幕開けを前に、彼は輝かしい未来を甥のタンクレディ(アラン・ドロン)とその婚約者のアンジェリカ(クラウディア・カルディナーレ)に託すべく、2人の身分違いの婚約を認めるが……。

最初は、祖国統一と腐敗した貴族支配からの解放を叫ぶガリバルディやら、
赤シャツ隊やらが登場し、もう、世界史で大学受験をしたときから、
遠くはなれている脳みそに、イタリア史を思い出せって言われても、無理…。
って感じでしたが、新興ブルジョアジーの美女アンジェリカの登場から、
俄然面白くなってきます。

アラン・ドロンは、世間の機敏にうまく適応する、貴族の甥にぴったり。
美しいし、調子もよく、身のこなしがとても軽やかで優雅で色っぽい。

クラウディア・カルディナーレは、遠くから見るとかなりの美人。
近くから見ると美人だけど、どうしても下品な感じが抜けない。
それがまた、役柄に合っています。

でも、なによりかにより、素晴らしいのは、
名門貴族のサリーナ公爵役のバート・ランカスター!

こう、みーんなが幸せでガヤガヤ楽しそうに話していたりするのに、
自分だけ突然不幸な気持ちになる事ってありませんか?
すっかり、自分だけが取り残されて、自分だけを残して世界が廻っていく感じ。

それを、彼の特徴ある眉毛をわずかに震わせるのみで感じさせるから。
鏡で、自分をまじまじと見るその表情で、新しい時代との交代、
滅びゆくものの美学を感じさせるのだから、すごいとしか言いようがない。

最後の、大舞踏会のシーンは圧倒的。

ちょっと話が反れますが、
イタリア人のballroom dancerは、とても個性的なドレスを着こなし、
また、足腰が強く、バランスもいい。しかも、華やかさと優雅さがある。

「どうしてなんですか?」と聞いたとき、イタリア人の先生は、
「大理石の床で練習してるのさ。」と言いました。
確かに、大理石は、木の床と違って滑るから、バランスが良くないと転んでしまうし、
木の床で練習するよりも、足腰が強くなりますね。

「木の床の狭い練習場で練習するよりも、広い大理石の部屋で練習したほうが、
身をもって優雅になるものね。バックボーンが違うな。」と思った覚えがあります。

で、話を戻すと、この大舞踏会のシーンでは、貴族の娘のほうが
くすんだドレスを着、(それがかえって上品なのかもしれませんが。)
新興階級の娘が、色鮮やかなドレスを着ていたりします。
でも、どちらも自分に似合うドレスのデザインを身に付け、着こなしているんですけどね。

この映画を観ていたら、ここら辺にもイタリア人のDancerのドレスの着こなし方の
上手さや、豪華で優雅なバックボーンを見つけたような気がしました。

もちろん評価は100点です。

『山猫』 公式サイト
[PR]
by spring-springer | 2004-10-28 10:52 | 映画欲
a0025035_15232153.jpg会社でもらって何気なく聞きました。
これから売れそうな歌手を探すのが好きです♪

最初は、上の写真のジャケットから、
「ジャニーズの一員?」と思いましたが、
そうじゃないようです。

声は、澄んだ高い声系を期待していたのですが、
ジャケットのハジケタ感じとは違い、低い声で、
独特なメロディーとリズム感のあるちょっと、暗めの曲でした。

日本語ベースの、日本語のノリの歌です。
ちょっと斜に構えた感じ。

「平凡」「ツバメグサ」「太平洋の娘」「ショッキングエクスプレス」
一度聞いたら、耳に残るメロディラインで、面白いです!

なのに、なんでこのジャケットなんだろう?
な、なんか、売り方間違えてな~い?
それとも、このgapがいいだろ~!って感じなのかな?

下の写真のほうが、曲のイメージなんですが…。
ありがちな、イメージで嫌なんでしょうか?

オーノキヨフミ 公式サイト
[PR]
by spring-springer | 2004-10-27 15:30 | 音楽欲
a0025035_1144586.jpg初期短編集ながら、村上春樹らしい、独特な世界観が感じられます。
(改稿したからかしら?)

「貧乏な叔母さんの話」
失礼かもしれませんが、週刊モーニングで連載しているギャグ漫画家(彼の名前が出てこない~!しかも調べたけど、モーニングって、HP持ってないのね…。)の漫画を思わせるものがありました。

「午後の最後の芝生」
すがすがしい作品。芝生を刈りたくなります。

「土の中の彼女の小さな犬」
胸に突っかかる作品。

「シドニーのグリーン・ストリート」
羊男、羊博士が登場~♪

「螢」
「ノルウェーの森」の青写真っぽい作品。

「踊る小人」
村上春樹風童話。

出版社: 講談社
定価:  ¥3,150 (税込)
著者:  村上春樹
評価:  ★★★★
[PR]
by spring-springer | 2004-10-26 11:58 | 読書欲

隠し剣 鬼の爪

a0025035_10593138.jpg10月25日(月)の試写会に行ってきました!

お話はと言うと、

幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母と妹の志乃、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、やつれ果てたきえを背負い連れ帰る。その頃、藩に大事件が起きた。かつて、宗蔵と同じ剣の師範に学んだ狭間弥市郎が、謀反を起こしたのだ。宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられる…。

山田監督と、藤沢周平の小説はとても、相性がいいですね。
両方とも人間の機微に通じているから。「たそがれ清兵衛」の後、
同じ時代劇で、今回の「隠し剣 鬼の爪」をどう描くのかと楽しみにしていました。

「たそがれ清兵衛」のちょっとくどいところを、うまく引き算していて、それがプラスに働いているように思えました。過剰な音楽もなく、殺陣の合間に、鳥の鳴き声が聞こえてきたりするところは秀逸。

あとは、お城に入る前には、下駄から、草履に履き替えたり、武士の走り方だったり、そういった当時の細かな習慣をうまく描いていて、それが普通に呼吸しているところがスゴイ!

それから、笑いと緊張感の間合いがうまい!

「たそがれ清兵衛」でイカレタ、敵役を演じた、田中泯は永瀬正敏の先生役として登場。相変わらずの存在感。吉岡秀隆も、いい味出してるし、小澤征悦なんかは、NHKの連ドラのイメージを覆しているし、高島礼子も、凄みのある美しさがありよかった。みんな自分の映画の中の居場所を、きちんと押さえて演技している映画を観るのは気持ちがいいですね。

映画のまとまりとしては、今回の「隠し剣 鬼の爪」の方がいいかもしれませんが、
あくまでも個人的に永瀬正敏と松たか子のコンビよりも、
真田広之と、宮沢りえのが好きという理由で、「たそがれ清兵衛」のが好きです。

評価は91点!

隠し剣 鬼の爪 公式サイト
[PR]
by spring-springer | 2004-10-26 11:18 | 映画欲
a0025035_138979.jpg珍しい、鹿屋紫芋があったので、パウンドケーキを作ってみました!
★Recipe★
● 材料 ●

小麦粉120g、ベーキングパウダー10g、砂糖120g、バター100g、
卵1個、芋300g、グランマニエ少々、バニラエッセンス少々。

● 作り方 ●
1:材料を計る前に、オーブンを10~15分、温めておく。

2:バターを室温に戻し、クリーム状にする。砂糖を入れ、すり混ぜる。全卵1個を加えて、均一に混ぜる、その後、バニラエッセンスを少々加える。(A)

3:紫芋はレンジして柔らかくなったら皮を剥く。
(大きさにより、レンジの時間は異なりますが、7分くらい。
もしくは、お芋は蒸しておく。)その後、滑らかになるまで、潰す。(B)

4:AとBを均一混ぜる。(C)

5:小麦粉とベーキングパウダーを混ぜ、2回ほど振う。

6:Cに粉を混ぜ、練り過ぎないようにサックリ混ぜる。(ダマにならないように)。

6:パウンドケーキの型にバターを塗っておく。そこに生地を流し込む。

7:180度で40~50分焼く。

○ 感想・反省点 ○

とっても簡単に出来まーす!

ところが!ナイフでケーキに切れ目を入れたところ、
なぜか、紫が濃すぎるのか、反対色の緑色がケーキにでてしまい、
カビのようになってしまった!ガガーン…。

美味しいけど。
なぜなんざんしょう…?

自己評価★★★★
お手軽度★★★★
[PR]
by spring-springer | 2004-10-25 13:14 | 料理欲
a0025035_11505785.jpg10月24日(日)に行ってきました。舞台挨拶で、伊藤美咲ちゃん、森田監督、三田佳子さんが登場しました。美咲ちゃんは、「細い~!」という印象。遠すぎて、全体しか見えなかった…。

国際映画祭と言うことで、英語の通訳の人が、3人の話を全部英語にしていました。また、もともと、六本木は外国の方が多いけれども、いつもよりも多かったですね。国際映画祭のポスターもあちらこちらに貼ってあって、雰囲気を盛り上げてますね!また、日本の映画なのに、英語の字幕がついているのが、やっぱり、国際映画祭なんだなー。と実感!

お話は、漁師・赤木邦一(佐藤浩市)の元に嫁いだ薫(伊東美咲)。子供にも恵まれ、夫の仕事を手伝い、海の女になるはずだった。ところが怪我をして入院した邦一は看護師の啓子に心惹かれ、薫もまた自分に秘かに想いを寄せる義弟の広次(仲村トオル)に身を任せるのだった・・・・・・。

肝心の映画の感想ですが、
全体的に、鈍いグレーの映画。色も、ストーリーも、なんとなく。

「美人薄命の映画」ッて感じでしたね。
なんでかって言うと、美咲ちゃんの演技に深みがないから。
人物に魅力を感じるのは、美人であると言うことのみ…。ここで、もう少し頑張ってもらえれば、三田佳子が言うように、「愛の大河」映画になったと思います。(そのネーミングもどうかと思うけど…。)

あと、なぜ、三田佳子のおばあちゃんも、佐藤浩市のお父さんも25年も
経っているのに、あまり変わらないのでしょう?

老けたメイクをしていないだけでなく、雰囲気が、若々しいままだったり、
ギラギラした、ままなんです。あんな結末を迎えたのだから、
もう少し、年月を感じさせるところを、もっと出してもよかったように思います。
ミムラが孫や、娘役で出てるのに、伊藤美咲ちゃんとの差がほとんどないので、
どうしても、違和感がでてしまいました。
他は、三田佳子と、佐藤浩市の演技が印象的だっただけに惜しい。

伊藤美咲ちゃんの、大胆な濡れ場が話題となってましたが、それに関しては、
「大胆と言えば、大胆。大胆でないと言えば、大胆でない。」と言えましょう。
なんというか、「見せないで魅せる。」鎖骨とかきれいでしたね。

評価は72点。

東京国際映画祭 公式サイト
海猫 公式サイト
[PR]
by spring-springer | 2004-10-24 19:56 | 映画欲
a0025035_15374350.jpg2週間ほど前、いつもは、のび太君なのですが、
珍しく、午前3:00過ぎまで夜更かしをしていました。

いろいろ考えごとをしていたのですが、ふと、ラジオをつけたくなり、
ラジオを聴いていると、流れてきたのが、彼らの曲です。

実は、全く知らないアーティストだったのですが、

Puff (The Magic Dragon)や、Blowin' In The Windは、
聴けば、「あ~、知ってる、知ってる!」という曲です。

不覚にも、Puff (The Magic Dragon)を聴いたときに、
涙があふれてきて仕方がなかったので、
とうとうアマゾンでBEST版を買ってしまいました。

もう一度、聴きなおしてみたところ、Puff (The Magic Dragon)は
子供向けの曲らしく、もしかしたら、子供の頃に聞いたのかな?

心あらわれる曲ばかりなので、お奨めです。
[PR]
by spring-springer | 2004-10-22 15:37 | 音楽欲
a0025035_15173718.jpgそろそろ、大、大、大好きなココアを飲む時期になってきました。
朝方、寒くなってきし、寒い日に、ココアを飲むと幸せ~♪になります。

そこで、築地市場の問屋街で、
ヴァン・ホーテンのココア500gを購入!(デカッ!)
ココアはどうしても、ほろ苦さのあるヴァン・ホーテンでなければダメ。
缶もとっても、可愛いし。しかも市場で買うと、なんと¥980!
(ネットサーフィンしてたら、希望小売価格は1785(税込)なんだもん。約3分の1!)

めんどくさがりの私ですが、ココアだけは自分で入れます。

ちなみにヴァン・ホーテンのラベルに書いてある
<美味しい召し上がり方>をご紹介!

ココアを手鍋に小さじ2杯、佐藤を小さじ2~3杯、バターを少々入れ、少量の牛乳でペースト状に練り、牛乳(カップ一杯約100cc)を注ぎ、軽くかき混ぜながら、弱火で沸騰直前まで温め、あたたかいうちにお召し上がり下さい。冷蔵庫で冷やしても、アイスにしても美味しくいただけます。

ちなみに私は、バターは滅多に入れません。
ちょっとクドイ気がしちゃうからです。(コクはでます。)
ペースト状に練るときに、ちょっぴり焦がすと、
甘いけど、ほろ苦くて、芳ばしくて、さらに好みです。
[PR]
by spring-springer | 2004-10-22 14:59 | 食欲