転職したり、結婚したりしてたら、更新おろそかになってました…。


by spring-springer
カレンダー

<   2005年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

a0025035_13382821.jpgまたもや、母が借りてきました!今は、イ・ビョンホンに夢中のようです。

イ・ビョンホンがインタビューの中で、「僕が一番好きな映画です。」と言っていたそうです。

お話はと言うと、'83年。大学生のインウ(イ・ビョンホン)は雨の日に出会った美女テヒ(イ・ウンジュ※つい最近自殺してしまった女優さんですね。)と情熱的な恋に落ちるが、ある事件をきっかけに2人は離ればなれに。17年後、高校教師になったインウは担当になったクラスで皮肉な運命に導かれていく…。

前半の大学生時代のイ・ビョンホンは、いつものただかっこいい!という人ではなく、
垢抜けない感じで、不器用で、緊張するとしゃっくりが止まらなくなる可愛い一面もあり、
好きな人の前ではカッコをつけたい男の子です。

いままでに、こんなイ・ビョンホンは見たことがなかったので、かえって、
「イ・ビョンホンかっこいい~!あまり、好きな顔じゃなかったけど、いいんじゃないの?」
と思って見ていました。このまま映画が続けば、とても良い映画だったと思います。

ところが、後半の高校教師として登場したイ・ビョンホンはいつものかっこいい俳優に変身。
話も、何がどうしたらいいのか、どうも感情移入できない映画に変わってしまいました。
だって、高校教師のイ・ビョンホンが、高校の男子生徒を大学生時代の恋人のテヒの生まれ変わり(?)と思って恋に落ちてしまうんです。

ついていけなかった…。
タイトルの「バンジージャンプする」というタイトルからは、もっとお気楽な
ラブ・コメディかと思っていたのですが、これはどうやらラブ・ファンタジーのようです。

映像は素敵でした。
前半まではとても面白かったです。

ただ、タイトルと前半、後半がバラバラな感じ。
それをなんだか無理やりくっつけた感じで、私にはちょっとついていけなかった。


男性が女性に変わる物語なら、オルランドとかの方が
不思議かつ面白かったような?(オルランドは主人公が男から女になるけどね。)
[PR]
by spring-springer | 2005-04-28 14:06 | 映画欲
a0025035_159325.jpgマシュー・ボーンが演出していると言う事と、誰に聞いても、「凄く良かった。絶対に見るべきだよ!」と口を揃えて言うので、すごくすごく見てみたかったので、観劇することができて、とても満足です!

本当はオーケストラバージョンが良かったのですが、チケットが取れず、テープバージョンになりました。でも、テープとは思えないほど音響効果も良かったと思います。席も満員御礼でした。

a0025035_15134324.jpg私の回の(ザ・スワン/ザ・ストレンジャー)は、Jason Piperでした。
悩ましげで、肉感的な感じのタイプのダンサーでした。
跳躍とか他の人とは違ったオーラを放っていて、
彼の一挙手一投足から目を離せない感じ!

ちなみに彼は、『ロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクールにて学ぶ。1997年卒業後、リチャード・アルストン・ダンス・カンパニー、ジャズ・エクスチェンジ等のダンスカンパニーに参加、また、ジュード・ロウ主演「Alfie」やジョニー・デップ主演「Neverland」等、映画にも出演している。』そうです。

a0025035_15212022.jpg王子さま役は、Neil Westmorelandでした。彼はとても背が高く、スタイルも雰囲気も典型的な王子様そのもの!そのあまりにもダメダメな王子様っぷりに「全く、ダメなんだから。」と思いつつも、目を離せない感じ。

彼は、『イングリッシュ・ナショナル・バレエ・スクールに奨学金を得て入学。卒業後、デュッセルドルフのライン・ドイツ歌劇場オペラでハインツ・シュペルリに学ぶ。主な舞台:イングリッシュ・ナショナル・バレエ「ロミオとジュリエット」、バランシン振付「フー・ケアーズ?」など。1999年ノーザン・バレエ・シアター入団、ソリストとして「ロミオとジュリエット」ロミオ役、「ジキルとハイド」ハイド役、「ドラキュラ」クインシー役、「欲望という名の電車」ミッチ役、「カルメン」エスカミーリョ役など。2003年にフリーとなり、マシュー・ボーン「くるみ割人形」などで活躍。 』だそうです。

もちろん主役二人の踊りが本当にすばらしいのだけれど、
白鳥(群舞)の踊りがまたすばらしい!
誰がどんな踊りをするのか、目を皿のようにして、見てしまいました。

ガールフレンド役の女の子の携帯電話が鳴ったりするシーンも可笑しかったし!

また、観にいきたいです。
http://www.bunkamura.co.jp/orchard/event/swanlake/
[PR]
by spring-springer | 2005-04-26 15:29 | entertainment
先週は、袋帯で二重太鼓を結ぶだったのですが、用事があっていけなかったので、
総復習で、上手にできなかった事をやる。ということだったので、袋帯で二重太鼓にしました。

まず、綺麗に帯を結ぶには、最初の帯のたたみ方などの、細かいところが大切でした。
特に袋帯は、名古屋帯と比べて長いので、大変です。

だんだん、帯を締めるのも慣れてきたので、調子に乗って、
ガンガン締めたところ、着物がシワシワになってしまい、
「そこまで締めなくてもいいのよ。帯も痛むからね。
それに痩せてるから、もっときちんと補正しましょうね。」

と先生に注意されました。

でも、前にやった名古屋袋帯で御太鼓を結ぶの時、散々スカスカ帯を落としていたのですが、
今回は、ちょっと慣れたために、一度も落とさずにすみました!わーい!

かなり、ましに結べるようになったものの、自分が痩せ気味なのを忘れて
締めすぎちゃうせいか、ちょっと変な感じ…。

着物は、人によってかなり調整ができるので、杓子定規に、教科書どおりに
やってはいけませんね。自分で、着ながらいい塩梅を覚えないと。

先生に直していただいたところ、かなりスッキリしました。

で、次の本科に行こうか行くまいかかなり迷ったのですが、
(全18回、31,000円也。)やっぱり、他のところより安いし、
せっかく楽しくなってきたので、やめるのはもったいない気もしてきたので、
続ける事にしました。

なので、来週以降も、着付けレポートは書きますヨン。
[PR]
by spring-springer | 2005-04-25 11:48 | entertainment
a0025035_1617588.jpgこの頃、食べることに集中しすぎて、写真を撮り忘れるために、食欲のお店をUPしていませんでした。今回も、メニューの写真を撮り忘れていますが、大目にみてください。

壁の色がとてもカラフルでお洒落なお店です。
美味しいのは石窯で焼きあげたというPIZZA!

食べたピザは、ボルチーニ茸とモッツアレラのピザ!
半熟卵のピザ、生ハムのピザどれも、熱々のうちに食べたので美味しかったです。
値段も大勢で行くとそんなに高くないし。

住所:  〒104-0061
       東京都中央区銀座6-8-5 小松アネックスビルB1F
電話:   03-3571-8383
アクセス: 地下鉄銀座駅B5出口徒歩約1分
時間:   平日 11:30~15:00
       17:00~24:00
       土日祝 11:30~23:00

予算:   ランチブッフェ
       平日 \1260~(小人\740)
       土日祝\1580~(小人\840)
       ディナー \3000~
[PR]
by spring-springer | 2005-04-22 16:26 | 食欲
a0025035_16162415.jpg3月にYちゃんと新潟の酒の陣に行ったときに買った、
「お福正宗にごり酒」です。

ビンの色が綺麗な水色で、
白い濁り酒がはいっているから、とても目を惹きました。
それで思わず、飲んだらとっても素直な優しい味で
飲みやすかったので、衝動買いしてしまいました。

もったいないので、ちびちび飲もうと思っていたのですが、
「濁り酒が濁り酒じゃなくて、透明になっちゃうよ。」
という、友人Mちゃんのアドバイスをうけ、飲むことにしました!

やっぱり、美味しい!
これも、すごく甘いわけじゃないけど、優しい甘さなので、
食前酒向きかな?
[PR]
by spring-springer | 2005-04-22 16:13 | 食欲
a0025035_12413665.jpg本当は、友人と占いに行く予定でしたが、雨が降っていたので予定を変更して、映画を見に行きました。

「エターナル・サンシャイン」はずーっと見に行きたかったのですが、なんだか忙しかったりで見そびれていたのでちょうど良かったです。

お話はというと、ケンカ別れした恋人クレメンタインが、自分との思い出を特殊療法で消したことを知ったジョエル。その痛手を忘れようと彼女と同じように記憶を消す事を決め、治療を受ける彼だったが、その過程で改めて恋人の存在の大きさに気付き、後悔し、どうにか記憶を消す事をやめようとするが…。

とってもロマンチックな素敵な映画でした。

まず、驚いたのが、ジム・キャリー。どうしてかというと、私の中では、「マスク」のコミカルな演技で止まっていたのですが、見ている私まで切なくなるような演技をしてくれたからです。

ケイト・ウィンスレットは、「タイタニック」の頃から、どすこい系とか言われていましたが、
私はとても好きな顔と雰囲気です。今回は、ちょっとエキセントリックな恋人の役で、
新たな彼女の魅力ガ出ていると思いました。

「スパイダーマン」のMJ役のキルスティン・ダンストは、
やっぱり、可愛いんだか、可愛くないんだかよくわからない顔でしたが、彼女も好演。

「LOTR」でフロド役を演じていたイライジャ・ウッドは、痛い&ちょっと変態な役で出演。
フロドからのイメージ脱却を図っているのかな?

映像もロマンチック!雪や氷。冬の美しさが引き立ちました。
クレメンタインのコロコロ変わる髪の色も、過激な色の服装も、
日本人では似合わない色合いですが、WINTER COLORで統一されてて素敵でした。

私だったら、大好きだった人との記憶を消しちゃうだろうか?
もし、消されちゃったとしたらどうするだろう?
多分、辛い記憶も楽しい記憶も消さないですね。
その人を好きだった自分を否定する事にもなっちゃうし。

でも、相手に私との記憶を一切消去されたとしたら、
ちょっとどうするかわからないですね。
消された事をいいことに、またアタックしてみるかな?(えっ、犯罪ですか?)

そうそう、クレメンタイン髪の色に注目しながら映画をみると、
迷わないで映画を見ていられますよ~。

評価は93点!
[PR]
by spring-springer | 2005-04-21 12:59 | 映画欲
a0025035_12524630.jpg友人Tちゃんにいただいたチケットで見に行きました。
一部は16:30からなのですが、さすがに会社があるので、18:00~の二部から観劇しました。

まず、驚いたのが、右近の声の高さと声の震え具合!
どう聞いても、ルパン3世の「ふ~じこちゃ~ん~」に聞こえてしまって仕方がない。

さらに、右近さんのヤマトタケルは父親の愛を求める設定で、すぐに泣くのです。
「ち~ち~う~え~~~っ!」って。
それに、すぐ、お姫様といちゃいちゃするし。

右近さん申し訳ないけど、背があまり高くない上に、ちょっと太っているので、
3枚目キャラの声にしか聞こえなくなってしまい、笑いたいのに笑えなくて、
腹筋が引きつってしまいました。危険だった。

ある意味、人間臭い新しいヒーロー像なのかもしれませんが、
多分、普通に2枚目でスタンダードなかっこよさのヤマトタケルを求める人は、
段治郎さんがヤマトタケルでタケヒコが右近さんの回を見た方がいいように思います。

ここまで、書いちゃうとつまらないのかな?と思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。面白いです。

特にクサナギの剣のシーンなんて、迫力があって、
火の演技をしている黒子さんのアクロバットなシーンは大迫力です。

最後は、ヤマトタケルが伝説のように白い鳥になって、昇天するのですが、
「紅白歌合戦」の美川憲一に見えて仕方がなかったです。
でも、宙吊りが本当に目の前に見えて、(2階席だったので。)
衣装の羽が落ちてくるのまで見えました!

スーパー歌舞伎は、普通の歌舞伎と違って、
言葉もイヤホンガイドを使う必要がないし、衣装も豪華絢爛!
いろいろアクロバティックなこともするので、
外国人の人がものすごく多かったし、修学旅行生もたくさん来ていて
満員御礼でした!また見に行きたいです。
[PR]
by spring-springer | 2005-04-20 13:05 | entertainment

Shall we Dance?

a0025035_12514379.jpg株主優待試写会で行ってきました。株主試写会は2度目なのですが、今のところ、100%当選しています!でも、会社を定時に終わらせて向かっても、あまり良い席が取れないのが悲しいところ。

いまさら、ストーリーを説明するのもなんですが、何もかも手に入れてしまい、欲しいものもなく、平凡な人生に空しさを感じる弁護士ジョン。そんなある日、電車から憂いのある美人ダンス教師ポリーナを見かける。思わず社交ダンス教室に入会するジョン。彼はしだいにダンスに熱中するようになり、やがて競技コンテストに参加することに…!

リチャード・ギアはかっこいいだろうな!と思っていましたが、
J.Loの映画にはいつも外されているし、(ストーリーが破綻している!)
日本版の草刈さんが美しかったので、彼女にはあまり期待していませんでした。

でも、日本版を忠実にリメークしつつも、アメリカ版の良さを出していて成功していました!
特に、日本版の役所さんの設定であるボタン会社のサラリーマンよりも、
リチャード・ギアの遺言作成の弁護士の方が、話に奥行きが出たと思います。

J.Loも草刈さんの儚げででも美しい先生とは違って、ラテンパッション溢れる
野性的な先生でしたが、それがアメリカ版らしい。
あと、胸ポチがかなり気になるところ。シャラポワといい、流行っているんでしょうか?

竹中直人演じる、ラテンダンサーはアメリカ版でも面白かったですが、
この勝負は、竹中直人の勝ちですね。

渡部えりこ演じる、ダンス狂いのオバサンはいい勝負だったと思います。

役所さんも、もちろん格好よかったけど、リチャード・ギアはそれを上回ってかっこよかった!
特に、赤い薔薇を一輪もって現れるシーンが、とってもかっこいい~!
(一緒に見に行った友達は、あまりにもかっこよすぎて、一瞬「ダンディーハウス」のCMかと思っちゃったよ。と言っていましたが…。)

なんか、「TANGOを踊りたいな~。」と思いました。
日本版と比較しながらみてもとっても面白いと思います♪

評価は90点!
[PR]
by spring-springer | 2005-04-19 13:10 | 映画欲
a0025035_9593051.jpgこの日は、朝ごはんを、Soup Stock Tokyoで食べてみました。Soup Stock Tokyoは結構好きなので、気が向くと行くのですが、なんとなく、お店によってSoupの味にムラがあるような…?(特に「東京ボルシチ」なんか、にんじんが異常に固かったりするんですよね…。

今日は、いつもは850円のセットが、朝の時間限定で650円だったので食べてみました。

この日飲んだスープは、
酸辛湯(サンラータン)
とろみと辛味で食欲増進、通称ホット&サワースープinアメリカ。
だそうで、中身は小麦、大豆、豚肉、鶏肉、豚肉、リンゴ、ゼラチンだそうです。

温まりつつも、「あ。なんか食べたな~!」という満腹感があって、ちょうどいいです。

前回は、
東京参鶏湯
韓国の知恵と伝統がつくり上げた健康食、参鶏湯。
薬効成分とコラーゲンの補給で疲労回復・老化防止に適しています。

を飲んだのですが、どうしても韓国で食べた、鳥の雛丸ごと一匹入った
参鶏湯が忘れられなくて、微妙に比べてしまいました。
でも、これも、クコの実とバランスのいい味で美味しかったです。
[PR]
by spring-springer | 2005-04-18 15:29 | 食欲
a0025035_17204449.jpg恋の血液が流れています!ガエル・ガルシア・ベルナル君はまさに私の好みの顔!
画面を見ているだけで、ドキドキしてしまって、映画の内容とは全く関係なく、ウキウキしてしまいます。これは恋の血液に切り替わったからのように思います!

それはまあいいとして、お話はというと、映画監督エンリケのもとに初恋の男性イグナシオが現れる。イグナシオは、彼らの寄宿学校時代の体験に基づく脚本を持っていた。しかしエンリケは彼の素性に疑問を抱き、意外な真実を知ることに。

なんだか、土曜日にTVを見ていたら、仮屋崎氏(ことカーリー)が大興奮して、
「むひー!うひー!」と言いながらお奨めしていました。
まぁ、確かにサービスカット満載です。

確かに最初の段階までは、「どう考えても監督の趣味で作っちゃっただろう。これ。」
みたいな感じで、「確かにガエル君は大好きだけど、この程度の謎の美青年だとな…。」
と思っていたのですが、話が進むにつれてどんどん面白くなってきました。

一回だけだと、わかりにくい部分もあるので、もう一回みたいです!

とにかくガエル君大活躍!
ときどき怖かったけど、美女姿も麗しい!
お話も途中のままだったら、この前あった教会の事件を思い出させて
後味が悪かったけど、だんだんガエル君の演技に魅了されていきました!
[PR]
by spring-springer | 2005-04-14 17:29 | 映画欲